時間はいつも新しい

振り返るとたくさんの失敗をしてきました。思い出せば赤面の至りです。

齢を重ねてくると、かつては到底平気でいられなかったような事態に直面しても、めったなことでは心が揺るがなくなっています。これを人は「厚顔無恥」というのでしょうか?かつての若い私にとっては、「厚顔無恥な大人」は恥ずべき対象でありました。

しかし、こうした「厚顔無恥」が許されるからこそ、日常を平穏に過ごすことができるのもまた真実だと、今になれば思います。
過去への後悔や、未来への不安は考えれば考えるほど尽きないものです。そしてそれにこだわっていたのでは、新しい時間に向き合うことができません。

確かな事実である、「今在ること」を大切に、今出来ることに取り組みましょう。
本当にありがたいことに、たくさんの失敗をしてきた私やこれを読んでくださっているあなたも含めた世界中のすべての人にたいして平等に、時間はいつも新しいのですから。