「家にある電子機器を改造することが好きでした」

2018年入社

山梨県立北杜高校

4課PKG

H・K

Q
現在の仕事内容
A

プリント基板の洗浄作業や機械を用いた電気検査を行っています。
また、機械を動かすための検査データ作成にも力を入れています。
その他、組み立てやケーブル配線作業なども行っています。

Q
昭和産業を選んだ理由と志望動機
A

学生の頃から木や土粘土を使って彫刻を作ったり、家にある電子機器を改造することが好きでした。
器用さを活かすことが出来たら職場で活躍できるかもしれないと感じ、調べていく中で昭和産業を知りました。
学校では主に農業について勉強していましたが、昭和産業では専門的な知識が無くても男女問わず活躍していることを知り、ここなら安心して働けると思い志望しました。

Q
仕事のやりがい
A

様々な知識や技術を要する作業にチャレンジした際、たくさん課題や改善点が見つかります。
自分なりに考え実行したことが良い結果につながると嬉しく感じます。また、最後までやり通した時はとても達成感があり、やりがいを感じています。様々な業務に挑戦できるため自分の知識を広げていけることも魅力の一つです。

Q
大変だった、苦労したこと
A

入社してすぐケーブル配線の仕事を任せていただきましたが、取り扱いが難しく上手く出来ないことが多々ありました。
しかし、経験を重ねていく中でなぜ上手くいかないのか考え、工夫や改善を重ねていくうちに上達することが出来ました。
知識や技術が無くても働くうちに身についていくことを実感し、安心して新しいことにもチャレンジできるようになりました。

Q
学生時代に頑張ってほしいこと
A

自分の意志を持ち、発言する場ではしっかり言葉にするということを大事にしていただきたいです。
疑問点があればそこで聞く、悩んだときは相談するといったことが出来れば物事をスムーズに運べます。会話をすることで新たな発見が見つかることもあります。学校では人とのコミュニケーションを大切にすると良いと思います。